2017.04.19更新

こんにちは、郡山です笑う

 

今回は前回の続きで、

産後のママさんからの疑問にお答えしたいと思いますrabbitglitter3

 

さっそくこちらですleaf

 

magnifier出産後、いつから骨盤矯正を行っていいの?

 

right arrow出産後1ヵ月頃から始めることができます。出産時にはからだに大きな負担がかかるため出産直後から1ヶ月くらいまではからだを安静にし、産後1ヶ月検診でママさんのからだに異常がないことがわかってから始めましょうflower2

 

また、産後1~6ヶ月の間に行うのが理想ですni

 

なぜこの期間かというと、リラキシンというホルモンが関係しています。

リラキシンは、妊娠初期から分泌される、関節や靭帯を緩める作用のあるホルモンで諸説ありますが、おおよそ産後6ヶ月までに分泌が終わると言われています。

 

そのため、この期間に骨盤を矯正しておくと効果的ですihi

 

 

 

赤ちゃん

 

 

 

続いてはこちらspade

 

magnifier産後から尿漏れが気になるけど、なかなか相談しにくいのですが・・・

 

right arrow産後のママさんでこれに悩まれていらっしゃる方は少なくはないと思いますun

 

症状が出ても、そのまま放置してしまう方がいらっしゃいます。

 

そもそもなぜ出産後に尿漏れが起きるのかというと・・・

 

 

骨盤底筋、という筋肉が大きく関係しています。

 

骨盤底筋・・・

骨盤に関係してそうだけど・・・どこにあるの?と思った方が多いと思います。

 

骨盤底筋とは、

骨盤の下の方に位置し、膀胱や直腸、女性であれば子宮といった骨盤内臓器を支えている筋肉になります。

臓器を支えているだけでなく、尿道などを締めてくれる働きもあります。

 

      産後の骨盤矯正

産後のママさんの骨盤底筋は、

妊娠中の10ヶ月間、膀胱や直腸に加え大きくなる赤ちゃん、羊水を支えているため、引き伸ばされている状態が続きます。

そして出産時には、赤ちゃんが産道を通り出ようとするため骨盤底筋がより引き伸ばされたり、ダメージを受けたりしてしまいますbibibi

そうすることにより、骨盤底筋に緩みが出てしまい、骨盤内臓器が下がってきたり、尿道などを締める働きがうまくいかなくなってきてしまいます。

 

 

こういったことから、尿漏れが起こってしまいます。

最も多く見られるタイミングは、咳やくしゃみをしたときや走った際に腹圧がかかってしまう時です。

1人目のお子さんの時に自覚症状がなくても、2人目3人目の時や、加齢とともに起こってくることもあります。

 

 

また、尿漏れだけではなく骨盤臓器脱(子宮脱・膀胱脱・直腸脱)といった症状が起こることがあります。

 

骨盤臓器脱とは、骨盤底筋の緩みにより膣から骨盤内臓器(子宮・膀胱・直腸)が出て来てしまうというものです。

症状としましては、下腹部に違和感を感じたり、歩く時に股の部分に違和感を感じたりなどです。

 

 

骨盤底筋に緩みがあると、このような症状が現れてしまうため産後にしっかりと鍛えてあげる必要があります。

 

はやしだ整骨院では、産後の骨盤矯正だけでなく

産後のママさんのおからだの状態に合わせた施術や必要な体操等のご指導もさせて頂きますstar

 

赤ちゃん

 

 

 

出産後の肩・腰の痛みや尿漏れなどでお悩みの方、骨盤矯正が気になっている方など、

一度はやしだ整骨院へご来院くださいnico

 

お問い合わせは下記の通りですtelephone

はやしだ整骨院

 

はやしだ整骨院

 

 

はやしだ整骨院 ホームページ

 

産後の骨盤矯正ページ

 

アクセス

 

 

Googleマップ

 

投稿者: はやしだ整骨院

entryの検索

カテゴリ