2017.04.10更新

こんにちは知念ですnico

 

 

タイトルの通り腰痛を軽視してはいけません!!

特に腰も痛いけど下肢の方に痛み・違和感がある場合は要注意bibibibibibi

 

腰が痛いからと腰の筋肉をただほぐせばいいなんて甘いもんではありませんexplosion

 

まずは鑑別

 注意

本当にその症状が保存療法でいけるのか!?

それとも異常があり外科的処置が必要なのか!?

 

皆さんこんな経験ありませんか?

『腰が痛くて整形外科に行って湿布・痛み止めの薬・痛み止めに対しての胃薬を処方してもらった。』

 

私が柔道整復師として働く前、医療知識無く飛び込みで病院に行った事があり、上記のような経験をしたことがあります。

私はその時学生で、あんなに1時間近く待って診察短くて上記の処方だけ?

学生ながら生意気にもそう思っていましたehe

 

医師はまず外科的処置が必要か?

命に別状はないか?

まずはそこの危険な疾患でないかの見極めが肝心なんです。

私がこの仕事に就くまでは気づきませんでしたが、危険な疾患ではないのか見極めをしてくれていたのですねihi

 

我々柔道整復師もそうですが、まずは危険な急を要する疾患(医学的にはレッドフラッグ)なのかどうか!!

整形外科も整骨院も危険な疾患を除外するところから始めるのは共通です。

 

当院では整形外科のようにレントゲンは撮れない為、ドクターも用いる徒手検査を行います。

その他エコー(超音波検査装置)を用いて判断します。

判断基準としては受傷エピソード・症状・徒手検査・エコーです。

 

精密検査が必要な場合は整形外科をご紹介致します。

 

腰痛に隠れているヘルニアや狭窄症・側弯症・腫瘍・骨折・内科的疾患など本人の自覚症状としては軽いものでもこれらのようなものが潜んでいる恐れがあります。

*皆さんがよく耳にする坐骨神経痛とは疾患名ではなく症状名です

 怖い

骨折してたって痛みなく歩けることもあるんです。

当院は一般的な症例から珍しい症例まで整形外科・他の整骨院と共有し、見落としがないよう努めております。

もし異常がある場合、疾患がないか疑う事ができます。

何も知らないと疾患が隠れているのに気づかず、治りますと言って患部に施術をするような無責任なことをしてしまいます。

これが一番やってはいけないことです!!

疾患が外科的処置が必要なのか保存療法(整骨院で可能な範囲)でいけるのかの鑑別ができて初めて整骨院での治療が開始するんです。

 

当院のスタッフは医療人としてのプライドを持ち、患者様にベストの施術を提供致します。

安心してご来院ください笑う

お問い合わせ

 はやしだ整骨院

受付時間

 

 はやしだ整骨院HP トップページ

 

腰痛詳細ページ

 

アクセス

投稿者: はやしだ整骨院

entryの検索

カテゴリ