2017.11.01更新

こんにちは、郡山です笑う

 

11月に入り、寒さが増してきましたねuunsnow

11月になったということは・・・

2017年も残すところあと2ヶ月ですabon

あっという間です・・・

2017年もあとすこしですので、

身体に気を付けて過ごしましょうstar

 

 

今回の内容は、タイトルにもある通り『腰痛』です!!

 

腰痛が起こりやすい方の特徴をあげてみると・・・

 

①ガニ股で歩いている

②靴の踵の外側がすり減っている

③偏りのある作業が多い

④よく足を組むクセがある

⑤肩の高さが違う

⑥中腰が多い

⑦背中が丸まっている

⑧腰が反っている

⑨身体が硬い

⑩デスクワークなど姿勢を保つことが多い

⑪運動不足

 

などなど・・・

 

いくつか当てはまるなぁという方もいらっしゃるのでは??

 

 

今は痛みが出ていなくても、

今後腰痛が出る可能性がありますabonbibibi

 

それぞれの項目がなぜ腰痛に繋がってくるのかというと、

ほとんどが姿勢の崩れ骨盤の歪みを起こしてしまう

要因となるからですexplosion

 

 

 

 

こちらの女性の写真を見て下さい。

 

 

 

 

福岡市西区姪浜はやしだ整骨院

 

 

右の方の姿勢は、悪い状態にあるとわかりますが、

左の方の姿勢はどうでしょう。

 

姿勢が悪いからと言ってこのような姿勢になっていませんか?

 

≪左の方のポイント≫

・骨盤が前傾することによる、ソリ腰

・おしりが出ているように見える

 

≪右の方のポイント≫

・背中が丸い(猫背)

・骨盤が後傾し、膝が曲がっている

 

 

最初に書いた特徴と重なるところがありますねgan

 

 

 

 

また、骨盤の歪みや筋肉の硬さだけでなく別の点にも

要因は隠れています。

それは、

筋力不足です。

インナーマッスルって皆さん聞いたことがあると思いますが、

なぜインナーマッスルが重要なのでしょう。

 

 

福岡市西区姪浜はやしだ整骨院

 

 

これは腸腰筋といって、身体の上半身と下半身を繋ぐ役割を

担う筋肉で、姿勢の維持のために重要となってきます。

 

腸腰筋の作用として、主に股関節の屈曲に働くため

歩行時足が上がりにくいなと感じたり、躓きやすくなったなと感じる方は、この筋肉の衰えが原因かもしれません。

 

ですから、この腸腰筋をしっかり鍛えることで

姿勢の維持がしやすくなったり、歩きやすくなったり、

と身体に良い影響を与えてくれます。

 

 

インナーマッスルと言われる筋肉は、20歳を過ぎたあたりから年々衰え始めてきます。

そのため、デスクワークなどの姿勢を維持しなければならないお仕事の方などに、肩こりや腰痛が多くなっている理由もここにあります。

姿勢を維持するために、インナーマッスルが衰えてしまうと

使うことができないため腰や背中、肩の筋肉で支えるために

かなり負担がかかってきます。

 

福岡市西区姪浜にあるはやしだ整骨院では、

インナーマッスルをしっかり鍛えていくメニューも

ご用意しておりますburn

 

筋肉が硬くなっていたり、姿勢が崩れていたり、骨盤の傾きがあったりすると繰り返し腰痛が起きてしまいます。

 

 

また、ただ筋肉をほぐして終わり。

ではなく、筋肉的なアプローチはもちろんのこと、骨格的な面からもアプローチし、今後痛みの出にくい身体作りを患者様と一緒に行っていきます。

 

 

慢性的な腰痛でお悩みの方、腰痛だけで

なく肩こりや姿勢の悪さが気になる方は

ぜひ福岡市西区姪浜にあるはやしだ整骨院へお越しくださいpad

 

お問い合わせは下記の通りですtelephone

 

 

福岡市西区姪浜はやしだ整骨院

 

 

福岡市西区姪浜はやしだ整骨院

 

 

福岡市西区姪浜はやしだ整骨院ホームページ

 

全身骨格矯正ページ

 

アクセス(Googleマップ)

 

 

 

 

投稿者: はやしだ整骨院

entryの検索

カテゴリ