2014.06.30更新

こんにちは知念です。

先月22日セミナーを受けるため4月に続き再び東京へ行ってきました。

今回は前回の教訓を活かして、かなりスムーズに事を運ぶことができました。
っていうよりも、うまくいきすぎましたsmilescissors

セミナー内容は腰部sign03
お困りの方も多い部位ですねflair

詳細は文字で言い表せませんが、解剖生理学を軸に理論から理解し、実践へと進行する流れでしたpencilgood

今回も良いものを学ばせていただきました。
今までの知識と共に、皆様に全力で提供させていただきますhappy01


ちなみにディズニーランドには行ってません(笑)
これはただ僕の願望ですhappy02



少しでも早く痛みを手で取り除くpaper
柔道整復師は医者の様に手術や薬の処方はできませんが、取り扱いできる怪我をいかに手で治せるかそこの技量が問われます。

スポーツ時・日常生活時・交通事故などでの怪我に対し、しっかり整骨院で治療できる怪我か見極め、治療致します。
対応できない怪我に対しては、整形外科で診察を受けて頂くように促します。

どっちへ行ったら良いかわからないというお声をよく耳にしますが、
そんな時は軽い気持ちで一度お越し下さい。

上記のとおり整骨院・整形外科どちらでの治療が適切なのか判断いたします。

投稿者: はやしだ整骨院

最近のブログ記事

entryの検索

カテゴリ