2015.05.18更新

こんにちは知念です。

最近ジメジメした日が続きますが、体調の方はいかがですか?

足などつり易くなっていませんか?

ジメジメな日などは知らないうちに汗を多く掻いていることがあります。

それにより体内のミネラル分や水分が汗と一緒に体外へと排出され、ミネラル分・水分不足となります。

喉が渇いてからでは水分補給は遅いと言われています。

梅雨もすぐそこですrain

早めの水分補給を心掛けましょうnico

tuyu

 

今回は交通事故による転倒時起こりうる怪我を紹介させて頂きます。

交通事故に限らずですが、皆さん転倒すると手をつきますよね?

そんな時起こるのが肩関節の脱臼です。

脱臼というと顎関節のイメージもあるかもしれませんが、実は肩関節脱臼は脱臼全体の50%強を占めています。

 

≪肩関節脱臼≫

〈特徴〉

肩関節は前方・後方・上方・下方へ外れる

特に前方脱臼が多く肩関節脱臼の97%を占める

 肩関節脱臼

〈脱臼し易い理由〉

上腕骨骨頭に対して関節窩が極端に小さく浅い

各方向に広い可動域を持つ

関節包や補強靭帯に緩みがある

関節の固定を筋に依存している

体表面上にあって外力を受けやすい

 

〈合併症〉

骨折⇒上腕骨大結節・関節窩縁骨折(骨性バンカート)・上腕骨骨頭骨折(ヒルサックス)

神経損傷⇒腋窩神経麻痺・筋皮神経麻痺

血管損傷⇒腋窩動脈損傷(橈骨動脈の拍動消失)

 

~注意~

①癖にならないよう再脱臼に注意!!

②初回脱臼が10-20歳の場合、合併する軟部組織損傷やスポーツの活動性が高いため、再脱 臼が多くなる傾向にあるため注意!!

③中年層以降は五十肩・フローズンショルダー(凍結肩)の発生する可能性があるため、しっかり治 療をした方が良いです!!

 

このように脱臼には怖い一面があります!!

指の脱臼などでは『焦って自分で戻してしまいました』など聞いたことがあります。

脱臼した際軟部組織が介在したり、神経を挟んで神経障害が出る事があります。

脱臼した際は自分で戻さず、整形外科・整骨院へお願いします。

はやしだ整骨院では骨折・脱臼・打撲・捻挫・挫傷・交通事故治療(むちうち損傷など)・肩こりなどの慢性疾患(慢性疾患は法律上保険対象外なので自費治療となります)の治療を行うことができます。

必要であれば提携している整形外科へ紹介させて頂きます。

 

 交通事故治療なら福岡市西区はやしだ整骨院へ 

はやしだ整骨院トップページはこちらへ 

投稿者: はやしだ整骨院

2015.05.01更新

こんにちは、田仲です(^○^)

先先週の日曜日に下山門中学校でbasketballバスケのトレーナー活動をしにいきました。思ってたより体育館は暑く、子供達が走ってボールを追いかける姿に心打たれました。中体連、インターハイが近づいてきたので怪我・身体のメンテナンスなど気になるところがある子は早めに来てくださいね(^^♪

 

今回は交通事故による腕のシビレについて書きたいと思います。この原因として肩の捻挫・腕の打撲などもありますが、多くは頚椎捻挫から起因しています。頚椎周りには胸鎖乳突筋・前斜角筋・僧帽筋・菱形筋などたくさんの筋肉が存在します。その筋肉の中には腕に繋がるものもあるので、むちうち症で痛めてしまうと首なのに腕にシビレが出てくるのです。

 

腕のシビレ

 

しかし、筋肉の損傷になるのでレントゲンではわからず軽視されがちになり症状が悪化したり、後遺症を残したりするのも少なくありません。

 

レントゲンやMRIで異常がない場合は、交通事故治療を得意とする当院に一度来られてみてください。早期回復できるように、私達が全力でサポートさせて頂きます。

交通事故による腕のシビレは、福岡市西区はやしだ整骨院へ

痛みの出ない身体作りの骨盤矯正なら福岡市西区はやしだ整骨院へ

 

投稿者: はやしだ整骨院

entryの検索

カテゴリ