交通事故による腰痛(腰部捻挫)

事故後このようなお悩みはありませんか?

長い時間同じ姿勢でいると、腰が重くなってくる
寝返りすると、腰が痛くて目が覚める
電気、牽引、痛み止めの薬で本当にこの痛みがとれるの?
腰も痛いけど、お尻、脚にシビレがある

交通事故による腰痛(腰部捻挫)が起こる人はどのような症状を訴えていますか? 

腰の痛みはもちろんですが、痛みによる運動制限、神経根の圧迫による下肢のしびれ、痛みを発生させること事もあります。また、腰の痛みをかばうことにより、不良姿勢となり、腰部以外の部位にも痛みを発生させることもあります。

交通事故による腰痛(腰部捻挫)が起こる原因は何ですか?

交通事故により、腰椎に対し、剪断力が加わる事により、腰椎、筋肉等の軟部組織が損傷し、神経根が圧迫されることにより、腰部以外のお尻、下肢(脚)に痛みしびれが出る事があります。
また、事故の追突による衝撃により、腰部に対して、過伸展が強制され、腰椎はもちろん、腰部周囲の筋肉にも強い負荷が加わり、筋肉を痛めるケース、筋筋膜性腰痛となる場合もあります。

交通事故による腰痛(腰部捻挫)の治療法はどのように行っていきますか?

(受傷直後~2週間)

負傷個所の炎症が著明な為、治療としましては、この炎症を抑えていく内容の施術がメインとなります。
ご自宅でも、この時期は無理をされず、安静を保って頂ければと思います。
負傷個所を強く刺激したり、強い矯正を行ったりはしません。
必要な範囲での施術、急性期でも使用可能な機械を使用し、早期での炎症の消失を目指します。

(2週間後~)

炎症期を過ぎたら、治療内容が変わってきます。筋緊張の緩和、腰部可動域の改善の為に、手技を中心に、物療、運動療法を行っていきます。
骨格を正しく調整し、再発しないような身体を作り、根本からの改善を目指します。

※昔の交通事故で痛めた腰が今でも痛むという患者様の声をきくことがあります。
 患者様の話を聞くと、適正な時期に、適切な治療が行われていない部分が共通点です。
 薬、湿布、電気、牽引だけでは一時的に症状が緩和されても、根本から改善されたわけではありません。
 交通事故に遭われた方は、早期より適切な治療を受けられる事をお勧めします。