交通事故によるむち打ち

事故後このようなお悩みはありませんか?

レントゲンで異常なしと言われたが、不調が続く
薬だけで、変わらない
首も痛いけど、頭痛が治まらない

交通事故によるむち打ちの方は、どのような不調を訴えていますか? 

むちうちにより、頭痛、めまい、吐き気、上肢のしびれ、耳鳴り、握力低下、首から肩にかけての不調、違和感、可動域制限、など様々です。首周りの筋肉等の軟部組織の損傷や、副交感神経の働きが悪くなる事で様々な不定愁訴を起こすことも少なくありません。

交通事故によるむち打ちを放っておくとどうなりますか?

むちうちを放っておくと、後々、気温・気圧の変化により不調が出ることがあります。
首周りの不調を残さないよう、適切な施術を行うことが最も重要となります。

(むちうちの分類)

〇頚椎捻挫型、神経根、バレ・リュー、胸郭出口、脳脊髄減少型など挙げられ、むちうちは、レントゲンで骨の異常がないことが多いという事と、上記分類が重複した不調を呈する事が多く、鑑別、施術には専門的な技術、経験が必要となります。

交通事故によるむち打ちが起こる原因は何ですか?

車同士の交通事故で多く発生します。
衝突した瞬間に、頭の重みで、首が前後、もしくは左右に振られ、ムチの様にしなる事により、首の周りの腱、靭帯、筋肉等の軟部組織を痛めてしまうものです。

むち打ちの施術法はどのように行っていきますか?

(受傷直後~2週間)
この時期は、急性期で痛みも強く伴うことが多い期間です。
この期間に、過度な刺激を加えたり、矯正等を行うことは良くありません。
施術としましては、ソフトな手技と急性期でも使用可能な機械を使用して、物療等行います。

(2週間後~)
急性期を過ぎると、首の可動域回復、筋肉的アプローチ、骨格の矯正等行い、解剖学的により動きの良い状態へ調整していき、早期回復に向け、施術を行っていきます。

※むちうちといっても、お身体の状態、事故の状況により、不調の出方は様々です。
お身体の状態に合わせた施術を行います。