起立性調節障害

このようなお身体のお悩みはありませんか?

めまいを起こす女性イラスト

  • 朝スムーズに起床できない
  • 顔色が悪いと言われる
  • 動悸、息切れが激しい
  • 疲れが溜まりやすい、抜けない
  • 立ちくらみが起こりやすい

起立性調節障害は思春期前後の子供に起こりやすく、自律神経の乱れが大きく関与します。

学校に行くのが辛い、朝起き上がれない等、お子様も辛いですが親御様も心配だと思います。

福岡市西区にある、はやしだ整骨院は起立性調節障害に対し施術実績もあり、回復までサポート致します。
病院に行っても薬を服用しても変化の無い方は、はやしだ整骨院の全身骨格矯正を受けてください。

 

起立性調節障害とは?

カウンセリングする施術者

起立性調節障害とは、自律神経が正常に機能しない為に、主に起床時に「頭痛、動悸、失神、立ちくらみ」などが起こります。

思春期前後の子供に多く、通常起床時には自身の意思と関係なく、自律神経が活性化し血圧を上げ、活動できる身体の状態にしますが、起立性調節障害があると、自律神経が上手く機能せず、血圧も低い状態となってしまい、起床後に立ちくらみや動悸などが起こります。

毎朝起きるのが苦痛になり、ストレスや不安が重なり、状態が悪化するケースもあります。
思春期の子供に多い為、起立性調節障害の影響で学校に行けなかったり、引きこもりがちになってしまう事もあります。

起立性調節障害 4つのタイプ起立直後性低血圧

 ①起立直後性低血圧 ・・・起立直後に低血圧となり、時間がかかるタイプ
 ②体位性頻脈症候群 ・・・血圧回復に関しては異常はないが、起立後心拍上昇するタイプ
 ③神経調節性失神  ・・・急激な血圧低下により、いきなり失神してしまうタイプ
 ④遷延性起立性低血圧・・・立ち続けることにより、血圧が徐々に低下し、失神するタイプ

起立性調節障害 チェック項目

 □ めまいや立ちくらみが頻繁に起こる
 □ 顔色が悪い
 □ 食欲がない
 □ 腹痛がある
 □ 倦怠感
 □ 頭痛が起こる
 □ 息切れや動悸がある
 □ 朝起き辛く、午前中は調子が悪い
 □ 入浴時や気分を害した際に調子が悪くなる
 □ 立ち上がった瞬間に気分が悪くなったり、気を失ったりする
 □ 乗り物酔いしやすい

上記チェック項目に3つ以上該当し、その他、鉄欠乏性貧血心臓の不具合てんかん等の神経的要因甲状腺等の内分泌系の異常など否定的な場合、起立性調節障害の疑いがあります。

起立性調節障害の原因

説明する男性施術者

自律神経には、活動時に活発に働く交感神経と休息時に働く副交感神経があり、人の脈拍、血圧、内臓の働き等は24時間自動的にコントロールされています。

しかし、自律神経が乱れる事により、循環器系のコントロール機能が上手くいかず様々な不調が出てしまいます。

「起立性」とあるように、睡眠後起き上がった際に現れ、午後には楽になります。
起立性調節障害は、重力により血液が下半身に集まるのを防ぐ機能が低下して、脳に血液が行きわたらず、立ちくらみやめまい、動悸などが現れます。

主な原因として、自律神経の乱れ、心因的ストレス、環境の変化、生活リズムの乱れも原因となります。

学校のストレス、家庭でのストレス等を抱えたり、子供から大人に成長する過程で心身ともに不安定になり易い成長期に多いと言われ、身体はきついのに学校に行かないといけないという圧迫感が更に状態を悪化させることもあります。

また、骨格の歪みによる筋肉の過緊張に伴い、全身の血流状態も悪くなり起こることもあります。

 

起立性調節障害の施術|福岡市西区 はやしだ整骨院

福岡市西区にある、はやしだ整骨院では、起立性調節障害に対し骨格の調整、筋調整(血流促進)、日常生活指導含め、早期回復を目指します。

骨格調整

施術する女性施術者頭蓋骨、背骨、骨盤、下肢のバランスを整えて偏った個所の筋緊張を起こしにくい正常な骨格バランスに戻します。
先述で述べたように、身体を支える骨格バランスを正常に保つことは、自律神経の安定にも繋がります。

まずは、身体の土台となる骨盤を整え、骨盤の歪みを引き起こす下肢の左右バランスを整えセンターラインを安定させます。

筋調整

肩の施術を行う男性施術者過剰な筋緊張は血流量を低下させます。
人間本来が持つ自然治癒力を発揮させるために必要な要素となります。
特に、起立性調節障害は下肢に下りた血液が上半身に戻りにくいことが問題となる為、正常な血液循環を取り戻すため、下肢のみでなく身体全体の調整が必要となります。

日常生活指導

カウンセリングの様子日常の活動量の低下が身体の筋力低下を引き起こし、自律神経の機能を更に低下させます。

その結果、下半身への過剰な血液の移動が起こり、脳血流量が低下します。

水分・塩分を摂取する事や適度な運動、就寝時間が遅くならない様規則正しい生活を心がける事も重要です。

最後に

起立性調節障害の症状が強い場合、朝の起床が遅く身体がきつい為、遅刻や欠席を繰り返してしまう事も多くあります。
保護者の多くは起立性調節障害の知識もない事が多く、ただ単に自身のお子様が「学校に行きたくないから怠けている」と解釈してしまい、𠮟責したり、無理矢理起こそうとしたりします。
根性や気持ちの持ちようだけでは、回復しないという事を本人も保護者の方も学校の先生も理解しなければ、回復に向けてのスタートを切れません。

福岡市西区にある、はやしだ整骨院では、起立性調節障害にも対応しております。
まずは、状態を理解する事から一歩ずつ進んでいきましょう。
回復への近道を進める様に私たちがサポート致します。
私たちが全力でサポートします。是非一度、ご相談下さい!