脊柱管狭窄

このようなお身体のお悩みはありませんか?

  • 長時間歩けない
  • 足にしびれが出たり、力が入りにくい
  • 身体を反らすと辛く前かがみになると楽になる
  • ブロック注射や薬を飲んでもしびれが取れない
  • 手術をすすめられている

脊柱管狭窄は中高年の男性に多く、歩行時や腰を反らすと痛み、しびれが強くなり、腰を丸めてあげないと辛いという特徴があります。

日常生活に大きく支障をきたし、痛みの為外出を控える様になったり、活動量の低下の為健康寿命が短くなる恐れがあります。

早期での対処が重要で、状態が悪化すると痛みやしびれ以外に膀胱・直腸障害など現れて手術となってしまうケースもあります。

こうなってしまう前にお身体の状態を見直しましょう!

脊柱管狭窄の原因について

年齢を重ねていくと背骨、椎間板、椎間関節、黄色靭帯等が変性し、神経を圧迫することがあります。
脊柱管狭窄は年齢を重ねることによって、脊柱を構成する組織が変性を起こし、神経が通るトンネルである脊柱管が狭くなりおしりから脚のしびれ、筋力低下が現れます。

脊柱管狭窄は椎間板ヘルニアとは異なり、中高年の男性に多いのも特徴です。

もともと姿勢が良くない方やお仕事柄負担のかかりやすい環境の方や、学生に多い腰椎分離を起点に腰椎すべりに移行している方は特に注意が必要です。

数十mしか連続して歩けず、そのたびに休憩を入れないと続けて歩けない「間欠性跛行」も特徴のひとつです。

脊柱管狭窄は、身体の姿勢バランスの崩れ加齢による体幹部を支える筋力の低下も原因となる為、状態が悪化する前の予防も重要となります。

骨盤のゆがみタイプ

脊柱管狭窄の施術|福岡市西区 はやしだ整骨院

脊柱管狭窄は前述の通り、加齢や腰椎すべりなどにより脊柱管のトンネルが狭くなることで神経を圧迫しておしりから足にかけての痛みやしびれ、間欠性跛行が現れます。

はやしだ整骨院では、脊柱管狭窄の方に対し姿勢バランスの調整筋肉の調整関節可動域の回復体幹の筋力アップを行いしびれや痛みの出ない身体を作っていきます。

 

施術者と家の画像

脊柱管狭窄自体は椎間板、椎体関節、黄色靭帯等の組織の変性の為手技では変えることはできませんが、骨盤の前後バランス、腰椎、股関節等の調整により、しびれや痛みが緩和され、長時間歩行できるようになられた方もいらっしゃいます。

腰の施術 男性施術者注射やコルセット、痛み止めの薬は原因に対しての処置ではありません。
当整骨院では、脊柱管狭窄に対し骨盤を中心に全身のバランスを整える矯正を行い、お身体の状態をみながら筋肉調整、可動域回復、そして骨盤を支える為の筋力強化まで行います。

脊柱管狭窄の方で、いろいろ試して結果が出ない方や手術をすすめられている方は、福岡市西区にある、はやしだ整骨院にご相談ください。

 

骨盤の歪み

脊柱管狭窄予防と維持には インナーマッスル強化

楽トレ

脊柱管狭窄の方は腸腰筋の柔軟性の欠如、筋力低下が顕著に現れます。
この腸腰筋を鍛えることで再発防止、予防につながります。

また、腹横筋も同時に刺激する為、骨盤と腰椎を安定させることができます。
コルセットが手放せない方には是非受けていただきたいです。

インナーマッスルは20歳をピークに年間1%ずつ衰えていくと言われていて、アウターマッスルと違い、自分で鍛えることが難しく時間も要します。
また姿勢を丸めて楽になる脊柱管狭窄の方が体幹を鍛えることは難しいです。

 

はやしだ整骨院には、脊柱管狭窄の方が身体に負担をかけず、体幹の筋力を上げる為に寝たままトレーニングできる複合高周波EMSの機械があります。

市販のEMSと違い、皮下15㎝深くまで届くのでしっかりインナーマッスルをトレーニングすることができます。

インナーマッスル強化

 

正しい姿勢と体幹の筋力を上げて、日常の生活を取り戻していけるようサポートいたしますので、脊柱管狭窄でお困りの方は、福岡市西区にある、はやしだ整骨院までご相談ください。