シンスプリント

このようなお身体のお悩みはありませんか?

  • すねの痛みがある
  • ダッシュやジャンプで痛む
  • 朝起きて歩いた時に痛みがある
  • 長距離が走れない
  • シンスプリントと言われたが、休んでも痛みがある

シンスプリントは脛(すね)の部分にでる不調で、中高生のスポーツを頑張る学生に多いです。
練習を休みたくない、試合が近いからとついつい無理をして練習を続けることにより、なかなかよくならず、悩まれる方も多い傾向にあります。

練習を休む期間を少しでも短く、そして再発予防の為に必要なことについて以下の項目をご覧いただき、参考にしていただければと思います。

 

シンスプリントの原因

足の施術シンスプリントとはオーバーユースの1つで、脛骨過労性骨膜炎とも呼ばれ、脛骨の後内方(すねの内側)に不調が起こります。
スポーツ活動により、足関節の底背屈の際、脛骨に付着する筋肉が繰り返し負荷をかけることにより、脛骨や骨間膜に炎症が発生し、痛みを誘発します。

中高生に多く見られ、陸上競技、サッカー、バレー、バスケットボールなど様々なスポーツで起こります。
初めは運動後の違和感や軽い痛み程度ですが、悪化すると運動前や運動中にも激しい痛みを伴う為、競技続行が不可能となったり、パフォーマンスアップが極端に低下することもあります。

扁平足や回内足、O脚などのアライメント異常や後脛骨筋やヒラメ筋、長趾屈筋
後脛骨筋、下腿三頭筋などの筋柔軟性の低下などが主な原因として挙げられます。

~シンスプリントの主な原因~

・扁平足や回内足などのアライメント異常
・柔軟性の低下
・不良姿勢でのトレーニング
・練習量の増加
・コンクリート等の固い路面を走る
・すり減ったシューズやクッション性の低下したシューズの着用
・身体の使い方、ランニングフォームの異常

はやしだ整骨院のシンスプリントの施術

シンスプリントの施術シンスプリントになる原因はたくさんある為、なぜ起こってしまったのかを把握し、お身体の状態や環境面の見直しが必要です。

はやしだ整骨院では、シンスプリントに対する施術はもちろんですが、再発予防も含めお身体に合った施術を提供させて頂きます。

まず、カウンセリング、姿勢チェック超音波エコーを用いて状態確認するなど検査を徹底的に行うことにより、局所の状態把握、シンスプリントの原因となっている可能性のある歩行動作や、お身体全体の姿勢バランス(骨格)、筋肉、骨盤の状態をわかりやすく原因をご説明し、お身体の状態に合った施術を提案させて頂きます。

局所はスポーツ選手も使用している超音波にて早期回復を図ります。
ただ、局所のアプローチのみでは不十分です。
再発も防止しないと、スポーツ復帰後にまた繰り返し起こる可能性もあります。
はやしだ整骨院では、不調のある下腿部のみにアプローチするのではなく、早期回復、再発予防の為に、お身体の土台となる骨盤や柱となる背骨の矯正、足関節、膝関節、股関節のアライメントの調整によって骨格全体を整えると同時に筋肉調整も行い、シンスプリントの出にくい身体作りまでサポート致します。

シンスプリントの予防について

シンスプリントは跳躍型疾走型など競技特性により不調の出る場所が異なります。
ご自身の姿勢面の崩れ、筋肉や関節の柔軟性の欠如、身体の使い方を理解しましょう。

チーム内で同じ練習をしているのにシンスプリントになる方とならない方がいるかと思いますが、このシンスプリントは中高生に多いとされ、成長期という事もあり、身体の発達具合がそれぞれ異なります。
それに加え、各個人の身体の柔軟性や骨格バランス、身体の使い方など異なり、我慢して練習についていこうとすると悪化し、疲労骨折となってしまう事もあり、更に長期間練習を休まないといけないケースも見受けられます。

練習後の身体のケアが重要です。
姿勢が悪い状態でスポーツを行うとシンスプリントになるリスクも高くなります。

私たちが全力でサポートします。是非一度、ご相談下さい!

中高生で脛(すね)の部分位違和感を感じている方は、シンスプリントかもしれません。
超音波エコーを用い状態を把握し、状態に合わせた施術とシンスプリントを予防する為の骨格、身体の使い方、筋肉・関節の柔軟性獲得の為の施術を受けられてください。

シンスプリントでお困りの方は、お早めにご相談ください!