腰痛になってしまった!腰痛を予防したい!そんな時にこんな体操いかがですか?

2021年10月15日

こんにちは!
福岡市西区姪浜近郊、下山門にあるはやしだ整骨院の郡山です!

今回は腰痛に対する体操についていくつかご紹介したいと思います。
最近、コロナウイルスの影響でテレワークが増え、お仕事をする環境が変わったり、今までしていた運動ができなくなることで、運動不足になったり・・・そんなことありませんか?
このような変化を感じている多くの方に、腰痛で悩まれている方が多いです。

腰痛のリスクとは?

腰痛の原因といっても、ひとつではないケースが多いです。

長時間同じ姿勢(座りっぱなしや立ちっぱなしなど)を取ることが多い、重たい物を持つことが多い、運動不足になっているなど、腰痛の原因は様々です。

これらの原因で、共通していることと言えば、腰部の筋肉に負担が掛かる使い方をしているということです。

長時間同じ姿勢を取る方や、重たい物を持つことが多い方は、身体を使う際に腰部の筋肉のみで身体を使おうとする為、筋肉へ負担が掛かり、その動作を繰り返すことによって、筋肉が硬くなってしまい、腰痛が出現してきます。

そういった腰痛の方に対し、福岡市西区姪浜近郊、下山門のはやしだ整骨院ではご自宅やお仕事中にもできる体操もご提案させて頂いております。

腰痛の方に行っていただきたい体操について

福岡市西区姪浜駅近く、下山門のはやしだ整骨院では、腰痛の状態に合わせた体操についてもご指導させて頂いております。
お仕事中など、腰に不調を感じた際、何か対処できないものかと考えた方も多いと思います。そういった場合にお使い頂ける体操をご紹介したいと思います。

固まってしまった腰を反らせる体操

①足を肩幅くらいに開き、腰の少し下(骨盤のすぐ上)辺りに両手を当てます。

②両手を当てたまま、息を吐きながら骨盤を前の方に押し出し、息を吐きながら3秒程キープし、1〜3回程度行います。

※腰を反らせるのではなく、骨盤を前に押すイメージで行います。

※腰痛が強くなる場合は、この体操は中止してください。

この体操は、デスクワークなど座り作業が多い方にオススメな体操です。

腰痛になりたくない!その時には…

以前腰痛に悩まれたことがある方や、周りに腰痛で悩まれている方がいらっしゃる方で、今後ご自身は腰痛になりたくないと思う方も多いと思います。

そういった方にオススメしたい体操をご紹介致します。

腹圧を保つ体操で腰痛予防

①壁にかかとから頭までつけた状態で立ちます。
※顎が上がらないように注意します。

②壁と身体とのスペースを無くすように、お腹に力を入れます。
※お腹以外の場所(特につま先、ふくらはぎ、肩)に力が入らないように意識しましょう。
※おへそを壁につけるイメージで行うと、やりやすいです。

③お腹に力を入れた状態で、10秒間キープします。

この①〜③を5セット繰り返してみましょう。

腰痛になりやすい方の多くは、お腹の腹圧を保つことができず、姿勢バランスが崩れ、腰部の筋肉に負担が掛かり、腰痛が出るケースが多いです。

正しい姿勢、腹圧を保つ為には、お腹のインナーマッスルが必要になります。
ぜひこの体操を行って頂き、腰痛の出にくい身体作りを目指しましょう!

腰痛に対する施術について

福岡市西区姪浜近郊、下山門にあるはやしだ整骨院では、腰痛に対して症状の出ている筋肉へのアプローチだけでなく、骨盤や背骨などの姿勢の調整、インナーマッスルの強化など、お身体の全体的なバランスから調整させて頂く施術を行っております。

腰痛の症状や原因については、患者様おひとりおひとり異なる為、お身体の状態に合わせてストレッチや体操、トレーニングなどをご提案させて頂きます。
また、腰痛予防の体操の補足として、腰のみではなく骨盤に付着する筋肉がある太ももやハムストリングスの体操も是非行ってみてください。

腰痛でお悩みの方や、お仕事柄腰痛を繰り返してしまい今後の予防もしたい方、腰痛予防で体操しているがなかなか回復しない方は、はやしだ整骨院までお気軽にご相談ください。

腰痛に対するアプローチについて詳しくはこちらから▼

トップページはこちら▼