骨盤矯正をすると痩せるの?骨盤矯正とダイエットの真相とは!

2021年10月31日

福岡市西区姪浜近郊、下山門にあるはやしだ整骨院、柔道整復師の郡山です!

タイトルにもあるように、「骨盤矯正をするとダイエットできる」と聞いたり、見たりした方もいると思います。
最近では、「骨盤矯正×ダイエット」という言葉が浸透し、骨盤矯正とダイエットは切り離せない関係性があり、近年注目されています。

そこで今回は、骨盤矯正とダイエットの関係性、骨盤の歪みのセルフチェック含めお話ししていきたいと思います。
身体の歪みが気になり骨盤矯正をしたい方や、ダイエットを頑張りたい方、産後のスタイルの変化でお困りの方など是非お読みください。

ダイエットする前に知ってほしい!痩せにくい環境を作っている要因とは?

① 骨盤が歪んでいる

② 筋力が低下している

③ 基礎代謝が落ちている

④ 血流やリンパの流れが悪い

➄ 筋肉が硬くなっている

ご自身でダイエットの為にトレーニングをしたり、ウォーキング、ランニングなどの有酸素運動を試みるが、なかなか結果が出ずお困りの方は上記5項目が関係しているかもしれません。

骨盤が歪んだ状態とは…

骨盤は上半身と下半身をつなぎ、身体を支えている土台となる骨です。

家で例えるなら、基礎が骨盤、柱が背骨になります。
また、骨盤は内臓を支える重要な部分でもあります。

家と同様、基礎(骨盤)が不安定だと身体を正しく支えられなくなり、バランスが悪くなります。

その為、歪んだ身体を支えようと筋肉に負担がかかり、筋肉の硬さや、血液の循環不良、筋力低下、それによる基礎代謝の低下が起こります。

基礎代謝が下がると、基礎代謝が良い方と比べ運動してもダイエットの成果が出にくいと言われます。

骨盤の歪みをセルフチェックしてみましょう!

骨盤の歪みのセルフチェックの簡単な方法を2つご紹介します。

つま先の開いた角度を見る

①仰向けに寝て足を肩幅くらいに開いて頂き、力を抜いてリラックスします。

②両足を軽く揺らし、動きを止めます。

③そのまま足元を見て頂き、つま先の開き具合をチェックします。

この時、つま先の開きが左右対称でない場合や、極端に開き過ぎている場合は、骨盤の歪みがあると考えられます。

片足立ちをしてみる

①両足を揃えて、まっすぐ立ちます。

②片足立ちを左右それぞれ、10秒程行います。

この時、上手く片足立ちができない場合、骨盤が歪んでいる可能性があります。

それぞれのチェックで、骨盤が歪んでいる可能性のある方は、骨盤矯正の必要があります。

※ 上記2つはご自身でできる簡単なセルフチェックですが・・・

福岡市西区姪浜駅近く下山門にある、はやしだ整骨院では、お身体の不調の緩和やダイエットしたい方向けの骨盤矯正も行っております。

まず、ご自身で先ほどのセルフチェックを行い、あてはまる方はもちろんですが、ダイエットの成果がなかなか出ず困っている方は、実際どのように骨盤含め、姿勢のバランスが崩れているのかという事をしっかりチェックしてもらう事をおすすめします。

私たちは、姿勢を評価し、皆様に分かりやすい説明をモットーに日々施術させて頂いております。

・姿勢バランスチェック(画像で確認し実際に見ていただきます)
・筋力テスト(歪みがあると、筋力に左右差が出るケースもあります)
・関節の可動域(歪みががあると身体の使い方において左右差がでる場合もあります)
・歩行動作チェック(歪みがあると歩き方にも特徴が出ます)

上記以外にダイエットに必要な食事指導、ご自宅での運動指導含めサポート致します。

ダイエット達成の為に!!

健康を維持する為、お身体の不調を整えていくのはもちろん、ダイエットにおいても、まずはご自身の骨盤含めた姿勢バランス、どのような癖があるのかを知っておくことが重要です!

骨盤が歪む事によって、インナーマッスルの筋力低下や、基礎代謝の低下、血流不良により便秘やむくみになりやすい身体になってしまいます。

摂取カロリーや運動、睡眠等日常の生活習慣を見直すことも重要ですが、骨盤含めた姿勢のバランスを骨盤矯正で整え、インナーマッスル(体幹の筋肉)の筋肉量も上げるとダイエットにおいても期待できます。

特にインナーマッスルは、何もトレーニングしない場合20歳をピークに年間1%ずつ筋力が落ちていくと言われています。

また産後のママさんの場合、妊娠中の活動量の低下、出産後育児に専念する事により運動不足になる等、インナーマッスルの筋力低下が起こりやすい為、早めに鍛えてあげる必要があります。

ダイエットにおいて、インナーマッスルを鍛えるメリット

○骨盤矯正後に骨盤が安定しやすくなる

○基礎代謝が上がる為、太りにくい身体作りができる

○腸の働きがよくなるため便秘の解消

○脂肪燃焼の促進

○身体の不調の予防

ダイエットの為には、インナーマッスルの筋肉量も重要です。
インナーマッスルは赤筋と言われ、白筋と違い筋肉量が落ちるスピードは緩やかですが、アウターマッスルとは違い、ご自身では鍛えにくいとされています。

福岡市西区姪浜近郊、下山門にあるはやしだ整骨院では、ダイエットしたい方向けに、骨盤矯正×インナーマッスルトレーニングを行い、痩せやすい環境作りまで一貫して行える環境を整えています。

骨盤矯正だけでなく、自宅でできる体幹トレーニングの指導や整骨院内では、高周波のEMSを用いたトレーニングも行っております。

骨盤矯正×ダイエットのまとめ

ダイエットを始めたがなかなか体重が減らない方、体型が戻りにくいと感じている方、骨盤矯正でお身体を根本から変えて、痩せやすくリバウンドしにくい身体作りをしていきましょう!

もちろん、骨盤矯正をすれば誰でもダイエットできるという訳ではありません。
食事、間食によって摂取カロリーが多すぎたり、筋肉量が少なく普段から運動しない、代謝が悪いなど体重が増え、スタイルが悪くなる原因は様々考えられます。

重要な事は、生活習慣、姿勢のバランス、筋肉量、代謝を含め自分自身を知る事です。

福岡市西区姪浜駅近く下山門にある、はやしだ整骨院では、ダイエットしたい方向けにカウンセリング、骨盤矯正による姿勢骨盤の調整・筋肉量チェック、トレーニング指導含めトータルサポートさせて頂いております。
また産後の骨盤矯正も行っておりますので、妊娠前のスタイルに戻したいママさんも大歓迎です!

一緒に産後の骨盤矯正・ダイエットも頑張りましょう!

キッズルーム、ベビーベッドもございますので、赤ちゃん連れやお子様連れの方もお気軽にお越しください!

☆ 骨盤矯正についてはこちらから▼

☆ 産後の骨盤矯正についてこちらから▼

身体の状態に合わせた骨盤矯正椅子の選び方と正しい座り方!

2021年10月23日

こんにちは!福岡市西区姪浜近郊、下山門にある『はやしだ整骨院』の柔道整復師の髙木です。
今回は、骨盤矯正を受けてる方々から多く質問を頂いた「骨盤矯正の椅子」についてお伝えしたいと思います。
コロナ禍において、外出自粛や在宅勤務、テレワークの導入により、家で過ごす時間が多くなってきています。長時間ソファーや椅子、または床に座る時間が長くなり、お身体の不調を訴える方も多くなって来ました。

長時間同一姿勢で過ごすことは、身体にとって負担をかける要因のひとつです。
定期的に身体を動かすことがやはり重要ですが、座り方、椅子の選び方によっても腰痛のリスクを下げる事が出来ますので、最後までお読みいただければと思います。

骨盤矯正の椅子の選び方

最近はネット通販や、家具屋さんなどで骨盤矯正の椅子が多く販売され、身近なものとなってきました。
その反面、種類も豊富で、椅子型や、ソファー型、座椅子型などがあり、どれを選べばいいのか迷われているかたも多いでしょう。

腰痛予防の為の骨盤矯正の椅子の主な役割は、背骨のバランスを理想のS字のカーブになるようにサーポートし骨盤を立ちやすくするという事です。

それにより、座っている姿勢のサポートになり、筋肉にかかる負担が軽減し、腰の不調の予防や疲労を軽減することができます。

次は骨盤矯正の椅子の選び方についてお伝えしていきます。

デスクワークが多い方の骨盤矯正の椅子について

デスクワークなど長時間椅子に座る時間が長い方は椅子型のタイプがオススメです。
また、中でもイスの高さの調節ができるものを選ぶと良いでしょう。

理想の座り姿勢は骨盤を立てた状態で、背骨のS字のカーブのバランスを保ち、肘や膝の関節を90度曲げてリラックスした姿勢が理想の姿勢です。

椅子の高さが合ってない場合は、肘や膝の関節の角度が深くなり、骨盤が後傾し背骨のバランスが悪くなり、背中や方、腰などに負担がかかりやすくなる為、高さ調節は必要です。

また、職場等の椅子が決められており、交換等ができない場合は、椅子の上に置いて、座るクッションタイプのものもありますので、そちらを使用すると良いでしょう。

ソファーや床に座る場合の骨盤矯正の椅子について

ソファーはクッション性が高く沈み込むため、骨盤が後傾しやすく、長時間座ると、負担が大きいため、注意が必要です。

骨盤矯正のソファータイプの椅子は骨盤を固定するため、包み込むような形のものが多く、ほとんどが1人掛けとなります。

そのため、ご家族等で使用される場合は、上記でもお話しさせていただいたクッションタイプのものをお使いいただくと良いでしょう。

クッションタイプの物であれば、ソファーの上に置き、座るだけで良いため、通常のソファーでもお使いいただけます。

また、通常のソファーでは沈み込み骨盤を後傾させますが、骨盤を固定されるため、負担が軽減されます。

床に座る場合は、座椅子タイプの物をお使いください。
床に座る際、横座りやあぐらなど、骨盤や背骨のバランスが崩れ、筋肉に負担がすごくかかります。

また通常の座椅子では、骨盤を固定できない為、長時間座ると、腰部や肩周りに負担がかかります。

その為、座椅子タイプを使い、骨盤を固定することで、負荷の軽減になります。

骨盤矯正の椅子について まとめ

骨盤矯正の椅子に関しては、普段のセルフケアの一つとして、日常生活に合わせて使うと身体の負担の軽減になります。

様々な骨盤矯正の椅子が増えてきましたが、お身体の状態、ライフスタイルに合わせ、じっくり選びましょう。
身体に合わない骨盤矯正の椅子は身体に負荷をかけるケースもありますので、お身体に不調や違和感が出た場合は、買い替えなどを検討されてください。

骨盤矯正の椅子だけに頼らず、長時間同じ姿勢が続くと偏った筋肉に負荷がかかる為、長時間同じ姿勢にならなうように、間でストレッチや休憩などを行うように心掛けてください。

骨盤は立位姿勢や、歩行動作、座り方など、日常生活の中で歪みが生じてしまいます。
また、骨盤矯正の椅子を使用してもお身体の状態が変わらない場合、他にも原因があるかもしれません。
特に産後の骨盤の開きや歪みに関しては、個人差があるため、状態に合わせた矯正が必要となってきます。

福岡市西区姪浜駅近く下山門にある、はやしだ整骨院では、姿勢バランスのチェック、カウンセリングを行い、お身体の状態に合わせた、オーダーメイドの施術で姿勢矯正や骨盤矯正を行なっております。

また、お身体の状態に合わせたストレッチやトレーニング等もしっかりとお伝えさせて頂いておりますので、お身体の不調でお困りの方は是非ご相談ください。

☆骨盤矯正について詳しくはこちら▼

☆姿勢・猫背矯正はこちら▼

☆トップページはこちらから▼

骨盤が歪むと体にどの様な影響が起こるの?

2021年09月16日

皆様こんにちは!
福岡市西区姪浜近郊、下山門にあるはやしだ整骨院、代表の林田です。

最近では、産後の方をはじめ、腰の不調の回復、健康管理や美容目的として骨盤矯正を行う方が多くなってきています。
そこで今回は、骨盤がゆがむ理由と、不良姿勢によって何が起こるのか?
はやしだ整骨院で行っている骨盤矯正について解説していきます。

骨盤がゆがむ理由とは

骨盤がゆがむ原因を大きく3つに分類しました。
この3つのいずれかがあてはまっていないかチェックしてみてください!

① 日常生活における身体の使い方の癖

多くの場合、日常生活の身体の使い方の癖が原因となることが多いです。
座った時に必ず同じ方向に脚を組む、横座りが多い、荷物を持つ時もいつも同じ手で持つ等、偏った生活習慣の積み重ねによって、後天的に姿勢バランスが崩れます。

またお仕事で一方向の偏った動作が多い、踵の高いヒールをよく履く、スポーツ等で同じ方向に身体を動かす事が多い場合も骨盤の歪みや姿勢バランスの崩れを引き起こしやすいです。

② 筋力の低下、筋肉・関節の柔軟性の欠如

骨盤周りを支える役割があるインナーマッスル(体幹の筋力)の低下によって、正しく姿勢を維持できない為、骨盤にも歪みが生じてしまいます。
また、腰方形筋の片側の筋肉の過緊張によっても骨盤の左右の高さに差が出て、くびれの位置が変わることもあります。
日頃から運動をする習慣をつける事も重要となります。

また、筋肉の柔軟性や関節可動域に左右差があると、その動きの悪い箇所をかばうように身体を日常的に使ってしまう為、姿勢バランスが崩れ、結果として骨盤も歪むことがあります。

長時間の不良姿勢も注意が必要です。
インナーマッスルを鍛えるメリットについて

③ 妊娠・出産

まず、妊娠中はお腹が大きくなるにつれ、骨盤は前傾し、腰の反りが強くなっていきます。
そして出産が近づくと体内ではリラキシンというホルモンが分泌され、骨盤が開いていきます。
その為、出産を終えた産後のママさんは、骨盤の開き、反り腰の状態となります。
また妊娠中は、過度の運動が出来ない為、活動量が低下し、筋力も弱くなります。

基本的に産後の骨盤は徐々に戻る傾向ですが、腰の不調が出たり、妊娠前のお身体の状態になかなか戻らない場合は、産後の骨盤矯正が必要です。

産後の方は、併せてこちら▼もご覧ください!

骨盤がゆがむと何が起こるのか?

骨盤は正しく姿勢を保つ上で非常に重要で、なおかつ腸や膀胱、子宮等の内臓の受け皿となり、臓器を守る役割もあります。
骨盤が正しいポジションにないと、身体に様々な不調が起こりやすくなります。

骨盤の歪みというのは厳密にいうと、骨盤に付着する筋肉の過緊張であったり、筋力低下により筋肉がアンバランスな状態になり、骨盤のアライメントが崩れる事を指します。
ただ、骨盤には仙腸関節恥骨結合があり、この2か所が日常生活においてわずかに動くと言われています。
また、女性は妊娠、産後によって、骨盤周りや股関節の柔軟性がある為、男性より変化しやすいともいわれています。

骨盤は身体の上半身と下半身をつなぐ土台となる場所であると同時に、内臓も保護する重要な場所です。
この骨盤がゆがむことにより、腰や肩の不調や、便秘、下痢、生理痛、O脚、X脚、不眠、頭痛など様々な不調が現れることがあります。

骨盤の歪みにアプローチ はやしだ整骨院の骨盤矯正について

福岡市西区姪浜近郊、下山門にあるはやしだ整骨院では、骨盤のみではなく、身体全体の姿勢バランスをチェックし、実際にどのようにアライメントが崩れているのかを明確にします。姿勢バランスの検査

その上で、筋肉の緊張状態や筋力検査、各関節の可動域を確認し、その方の骨盤の歪みに合わせた筋調整や骨盤矯正を行っていきます。

矯正自体は、骨や関節自体に負担をかけない優しい矯正法で行いますので、年齢、性別問わずどなたでも安心して受けていただける内容となっています。

矯正に加え、日常生活チェックも行い、日ごろ気を付けて頂きたい事や自宅でできるトレーニングやストレッチも個別にお伝えする為、短い期間で安定させることが出来ます。

『骨盤矯正』について

施術する女性スタッフ

最後までお読みいただき、ありがとうございました。
不調の原因は骨盤かもしれません。
身体の不調を回復させたい、スタイルを変えたい、産後の骨盤を整えたい等、様々なお悩みの解消や理想の実現の為に骨盤矯正を受けてみてはいかがでしょうか?

ご予約はこちらのWEB予約▼ 

はやしだ整骨院アクセスはこちら▼